無垢と合板の違い 板目と柾目の違い



無垢と合板の違い Difference between solid and plywood.

「無垢」

無垢とは混じりけが無いことをいい、ソリッドともいいます。
わかりやすくいいますと山に植えられている木そのもののことです。 
長所・・・木目が美しい、温かみがあり優しく親しみやすい、
吸湿性がある、加工しやすい、傷ができても削る事ができ修復可能、
経年変化も味となり風合いがでる...
短所・・・燃えやすい、ねじれや収縮といった変化がみられる、
乾燥により割れや変形が起こる、同一品質のものがない(長所でもある)...

「合板」

丸太をむいた単版のことをいい、プライウッド or ベニヤともいいます。
単版の繊維方向を1枚ごとに直交させ、平均強度をもった広面積の板のことです。
長所・・・同一品質のものが大量にそろう、コストパフォーマンスに優れている、
ねじれなどが少なく強度がある、成形合板といった三次元加工が可能...
短所・・・温かみがなく愛着がもてない、割れたり傷がいけば修復が困難、
再利用にむかない、厚みに規格・制限がある...

wood work oliorでは、
店舗テーブルや特殊棚などの特別な場合を除いては無垢材を使用しています。

無垢にこだわる理由として、
1.温かみや自然の香りを与えてくれる
2.経年変化(艶増し・角丸・アメ色)を楽しむことができる
3.修復しやすく長く使える
4.使用不能になっても再利用・再加工ができる

※記述した長所・短所共に個人的な判断になります。






solid.png無 垢 solid.



ply wood.png合 板 plywood.

板目と柾目 Cross grain and straight grain.

「板目」

木目がランダムに曲線をえがき面白い表情。
一本の木からは同じ木目のものがとれないのが特徴です。

「柾目」

木目が平行で均一に流れ板目に比べると反りにくい。
木の中心(随)により近い部材のことをいいます。

※製材方法にもよりますが、一般に柾目が貴重とされています。

板目・柾目.png

使用する樹種について Wood species used.

ナラ2.jpg

「楢(ナラ)」

硬く重く、木目が凛々しく、美しい。




ブナ.jpg

「橅(ブナ)」

白く桃色がかった「白材」。


タモ.jpg

「タモ」

軽いわりに強く、バットなどに利用。


ケヤキ.jpg

「欅(ケヤキ)」

木目が大胆で強烈。黄味を帯びて艶がある。


ウォールナット.jpg

「ウォールナット」

今や高級木材。シックでカッコイイと人気の樹種。


クリ.jpg

「栗(クリ)」

欅の様に木目がクッキリしている。


※紹介した以外の樹種を利用することもあります。
チーク、メープル、チェリー、ブビンガ...等
工房では木のサンプルをご用意していますのでお気軽にご相談下さい。
写真やサンプルと、オーダー頂いた製品の木目・色調が異なる場合があります。
また小さな節目が入る場合もありますので御了承下さい。
(節があることで機能性が損なわれる事はありません。)