家具の話


家具の話 Assembly and processing of furniture.

「組み立て」

家具の組み立てには釘やネジを極力使わず昔からの技法(仕口)を
利用しています。
「ほぞ」ともよばれる、木材の接合部をノミや鋸で刻み
凹と凸の噛み合わせを作って組みあげる技法は、
世代を超えて使い続けられる家具となるためには必須の加工法となります。

「鉋仕上げ」

鉋(かんな)は日本が世界に誇る優れた道具の一つです。
鉋は面の平滑性や、手触りの滑らかさ、木がもつ艶を得る上では欠かせません。
そして鉋で仕上げた後、更にサンダー(ヤスリ)を使って磨き仕上げをします。
あくまでサンダーは最終の磨きで、塗料(オイル)の吸い込みなどを良くする目的です。